答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【おやつレシピ】ビニール袋ひとつで簡単!砂糖不使用!グルテンフリーでも作れるクッキー

f:id:answer-in-myself:20190305105516j:image

 こんにちは、yukkoです。

今日は1日おうちDayなのでおやつ作り。

最近ハマっているおやつのレシピをシェアします。

 

そもそも私のおやつ作りのきっかけは、子どものためではなく自分のため(笑)

私は食べるのが大好きなのですが、量も人より多く食べちゃうので、いつも食べるときに罪悪感を持っていました。

そして痩せてない自分にコンプレックスを持っていることで付きまとう

「食べたら太る」の呪い。。。

そんな罪悪感を感じながら食べるおやつは、美味しさを感じる満足よりもむしろ過食を進める原因にもなりました。

また市販のものは添加物や異性化糖など、体の負担となる原料が多い。

甘いもの好きの私には、砂糖はもはや麻薬(笑)

 

そこでできるだけ体に負担の少ない、食べても罪悪感を感じにくいおやつを自分で作ろうというのが始まり。

今では、子どものおやつに活用しています。

 

前置きが長くなりましたが、さっそくレシピ公開~

 

 

【材料】おそよ天板1枚分

甘酒 90g

油 20g(バター、オリーブオイル、えごま油、ココナツオイルなどお好みで)

片栗粉 60g

小麦粉または米粉 60g

※アレンジ

きなこ:片栗粉のうち20~30gをきなこに変更

ココア:片栗粉のうち5~10gをココアパウダー(砂糖などの混ざっていないもの)に変更

コーヒー:片栗粉のうち5gをコーヒーに変更

 

 

【作り方】

1、ビニール袋に材料を入れて、もみもみ混ぜるだけ!

バターやココナツオイルで作る場合は温めて液状にしてから混ぜます。

 

2、まとまったらビニール袋のまま、麺棒で2~5mmほどに伸ばします。

私は薄めに伸ばすほうが好みなので2、3mmくらい

 

3、型で抜くか、スクエア型に包丁でカットしてピケ(フォークで穴をあける)

 

4、クッキングシートを敷いた天板に並べて、170度で15分焼く

 

 

最初にオーブンを予熱して、焼き上がりまで30分かからないくらい。

子どもと型抜きしながら作るときはもうちょっと時間かかりますが。

 

小麦粉で作るとサクサクに、米粉のほうが固くなりやすいので冷めるとポリポリした感じのクッキーになります。

伸ばすときに厚めに作るとしっとりクッキーに。

私は歯触りいいクッキーが好きなので、薄めに伸ばして15分焼いた後もしばらくオーブンに入れたまま放置。

上記の分量だと甘さ控えめなので、お好みできび砂糖やはちみつを加えてもいいと思います。

 

冒頭にある写真のものはココナツオイルと米粉でつくったコーヒーバージョン。

ココナツオイルの香りがすでに甘いので、私は甘酒の甘さだけで充分。

また、つい最近まで甘酒は苦手なほうで、好んで飲むことはあまりなかった私ですが

クッキーにしたら特に違和感は感じませんでした。

 

そして作った後にブログに上げることを思いついたので、工程の写真もなく、形も雑なものになってしまいました。。。

もうちょっと丁寧に作ればよかった(笑)

 

コーヒーはこちらのオーガニックコーヒーを使用。

 

f:id:answer-in-myself:20190305105521j:image

 

福岡県門司港にある、ナイズラフィキというお店で販売されています。

 

naizrafiki.owst.jp

タンザニアの伝統農法で作られたオーガニックコーヒー。

店長が毎年、現地タンザニアに直接足を運んで売上金を届けています。

 

インスタントなので使いやすく、バニラアイスに振りかけて食べるとこれまたおいしい!

 福岡へ行く際はぜひ立ち寄ってみてほしいお店です。

 

 

今日は(私が)罪悪感なく、子どもと一緒に安心して食べられるクッキーレシピを公開しました。

簡単なので、ビニール袋をもみもみしたり

いろんなかたちで型抜きしたり、お子さんがいらっしゃる方はぜひ一緒に作ってみてほしいなと思います。

 

おやつレシピ、ちょっとシリーズ化してみようかな~