答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【勝手に松陰先生】その12「どう生きたいか」

こんにちは、yukkoです。

今日の言葉は「どう生きたいか」

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他人から馬鹿にされたくない。

皆そればかり気にするものです。

家がおんぼろだとか、服が時代遅れだとか

ろくなもの食べていないとか

しかし、人はあやういものです。

生きているときは生きていますが

死ぬときは、もう死んでいるわけです。

今日はお金があっても、明日は一文無しかもしれませんし

明日は皆の心が離れているかもしれない。

ですから、私が大事だと思うのは

ただ「自分がどう生きたいか?」

その方針に従って生活することなんです。

それが人の道というものじゃないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

現代語訳されているとはいえ

これが書かれたのは150年も昔の幕末の時代。

なのに、まるで現代にも通用しますね。

 

私もこれでもかと人目を気にするほうでした。

服だとか、お金もめちゃくちゃ気にしてました。

 

他人の目や評価が基準にあると、生きづらい。

人の基準に自分を合わせなきゃいけないから。

そうすると、どんどん自分で動けなくなっていく。

 

「自分がどう生きたいか?」って、よくありがちな言葉でもあるんだけれど

つまりは、自分の本音のことなのだと思う。

 

本当はこうしたい

本当はあれがしたかった

 

どう生きたいのか?=どう生きたら後悔しないのか?

 

後悔はしたくないから、一生懸命生きようと思います。