答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【勝手に松陰先生】その7「そこに未来がある」

こんにちは、yukkoです。

今日の言葉は「そこに未来がある」

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分の心がそうせよと叫ぶなら

ひるむことなく

すぐに従うべきだと思います。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自分の中に沸き上がったことを実行に移すとき

 

親の目、友達の目、周囲の他人の目

お金、時間、とにかく障壁に感じることが出てくる

 

それでも自分はやりたいのか?

 

最近私は、前にも増して行きたいと思ったところへ足を運んでいて

1週間フルにあちこち動き回っていることも。

その時には母に子どもを預かってもらうことも多いのですが

 

母には

「それ仕事なの?」

「何がしたいのかよくわからん」

と言われることもあります。

 

それでも、やらずに終わるほうが絶対後悔すると思っているから

動いています。

 

まぁ、そう言われるのは母なりに心配してくれていたり

私が説明不足な部分もあるかと思いますが(-_-;)

 

その先の未来はわからないけれど

少なくとも今この瞬間に後悔する選択にならないように

動いていきたいなと思います。