答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【勝手に松陰先生】その3「まっすぐに生きる方法」

こんにちは、yukkoです。

今日の言葉は「まっすぐに生きる方法」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

状況や立場とは関係なく

「人として正しい道」というものが

自分にだけはっきりと見えてしまう場面があります。

そのとき、何事もなかったようにふるまうか

勇気を出して渦中に身を投じるか

どう選択するかによって、その後の人生が変わります。

私は、たとえ傷つけられたりしても

生き方だけは失ってはいけないと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

何かに違和感を感じても

周囲や人の目、体裁を気にして言えなかったり

見て見ぬふりをしてしまう

なんとなく場に任せてしまう

 

生きていたら、1度はそんな経験をするのではないだろうか?

 

特に小学校以降は人を枠にはめようとする傾向が強い

 

偶然、今朝新聞で見かけた記事に

”身だしなみ検査は必要なのか?”という中学生による投稿があった。

 

生徒の主張は、学校は勉強をしにくところであり

服装や髪形は個人の自由ではないか?

 

「靴下は白色でくるぶしより上まであるか?」

「爪は?」

「髪の色や長さは?」

 

なぜこんなにも事細かく決められているのか

そしてそのルールを守ったところで

何のメリットがあるのか

 

生徒の身だしなみをチェックすることは先生たちの手間でもあり

生徒自身も、したくない格好をしなければならないと。

 

現状ではそれが守るべきルールで、従うしかないのかもしれない。

けれど、そんな疑問を素直に投稿したこの生徒は

 

まっすぐに生きている、生きようとしている一人かもしれない。