答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【自分の感覚を信じる】出産から改めて感じたこと

こんにちは、yukkoです。

予定日3日前の昨日まで予定が入っていたので

今日から予定日まで様子見ながら過ごそうと思っていたら、、、

 

今朝、無事出産しました(^^)

 

 

おかげさまで

病院に着いて1時間で産まれてくれたスピード安産!

 

産まれてきてくれたのは3520gと大きめの女の子。

 

なんだか、既に顔が長女に似ている(笑)

 

長女のときは朝方からお腹が痛くなり始め、夕方に出てくるというパターンだったのですが(ちなみにこの時も病院到着1時間半で産まれてくれました)

 

今回は夜中に破水らしき

お水が大量に出たので病院へ行くと

破水ではないと言われ(笑)

一旦帰宅。

 

でも朝方5時ごろからお腹が痛みだし

様子を見ながら6時過ぎに病院に電話。

 

そのときは1時間様子を見てくださいと言われました。

 

が、1人目の経験から直感的にやばいなと思い

とりあえず病院へ。

結果、1時間で出てきました。

 

素直に1時間様子をみていたら

危ないところでした^^;

 

普通の出産(そもそも出産というものがケースバイケースすぎて、普通がわからないけど)からすると

 

私の場合はとても早く産まれたので

病院の対応が間違っていたとは思いません。

 

病院で1時間様子みてくださいと言われた。

でも自分の感覚を信じて病院に行った。

 

そして、病院では他にお産待ちの人がもう1人いらっしゃったようで

対応してくれた方はバタバタ

なんでもう来るの的な態度をされ

お産中も、言うこと聞いて!って怒られたけど

それも相手が悪いわけじゃない。

(ちなみに産後その方には会ってないけど、みんな優しい良い産院です)

 

何を言われようと

私はただ、自分の感覚だけに集中してた。

 

怒られようとも

産まれるとわかった瞬間

もう出てくると伝えました。

 

自分を信じて

無事に取り上げてもらえて本当によかった。

 

周りの意見も大切だけど

自分の感覚を信じること

 

これから本格的に二児の育児が始まるけれど

この感覚、忘れないようにしたい。

 

そんな体験をさせてくれた娘と

病院にも感謝です。

 

そしてただ今

毎食美味しいご飯が運ばれてくる入院生活を満喫中のyukkoでした(笑)