答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

自分を生きる=自分で自分のやりたいを叶える

こんにちは、yukkoです。

8月も半ばに入りお盆休みに突入。
もれなく我が家も、お盆休みは旦那さんの実家へ帰省しています。

夜中に出発を予定していたのですが
その日は朝から夜まで目まぐるしく予定がつまっていたので
無事こなせた自分に達成感を感じました(笑)
 

 

 
そのスケジュールとは
 
まず、朝から自分の実家でお盆があり
お経をあげ、御墓参りに行き
その流れで親族で会食。
 
会食を途中で抜け、子供をお願いして電車で移動。
午後から開催される、企画を作るためのワークショップへ参加。
 
ワークショップ自体は参加できたものの
こちらも早めに退場して
 
今度はヨガとヒーリングを受けに。
癒される時間を過ごしたのも束の間
 
帰り道にある神社へ寄り道し
参拝してから
 
子供と合流して夕食とお風呂を済ませ
荷物をまとめて車へ積み
 
いざ、出発!
 
 
ちなみにただ今、妊娠7ヶ月。
我ながらよく動きましたね(笑)
 
 
でも、これ
別に強制でもなんでもなく
全部自分で選択したスケジュールです。
 
さすがにちょっと時間大丈夫かな?と不安にはなりましたが
 
結果、すべてやりきることができ
とても楽しい一日を過ごすことができました。
 
 
妊婦ということもあり
あまりに私が動き回るので
周囲の人は心配してくださるのですが^^;
 
私のブログのテーマでもある
 

【自分を生きる】

 
とは、自分の選択で生きることだと思っています。
 
 
やりたいから、やる。
 
 
そこに
 
妊婦だから
 
時間がないから
 
お金がピンチだから
 
という言い訳はしません。
 
 
なにかをやりたいと思った時
 
つい、人はできない理由やリスクを考えがちになります。
 
もちろん、私も悩むことはあります。
 
が、
 
結局、やるやらないを決めるのは自分しかいない。
 
 
時には、本当に止むを得ないときもあります。
 
 
しかし、もしも自分以外のことを理由に諦めようとするのなら
 
それは自分を生きることからズレてしまう。
 
先述した時間やお金
 
他にも旦那さんや親に何か言われるとか
 
子供がいるからとか
 
それって本当にやれない理由でしょうか?
 
 
過去の私はそれを理由に
諦めたことがたくさんありました。
 
 
でもそうやって諦めたことは
 
誰かや何かのせいにしてるから
 
心が満たされることはありません。
 
 
そして、段々その不満が溜まっていけばいくほど
 
さらに自分で選択をすることができなくなり
 
周囲と不協和音を奏で始めます^^;
 
 
 
やりたいことを叶える
 
というと、誰かに叶えてもらうと思われる人もいるかもしれませんが
 
 
他の誰でもない
 
自分自身でまず叶えてあげる。
 
 
アイスが食べたいとか
お昼寝したいとか
 
そんな些細なことでもいいんです。
 
 
どんな小さなことでも
自分の望みに気づいたら
 
まずは自分で動いてみる。
 
 
あなたのやりたいことは何ですか?
 
 
お盆休みがある方は
 
ぜひ意識して
 
自分の望みを叶えてくださいね!