答えは自分の中にある

西尾市幡豆町にてお母さんの働く気持ち応援プロジェクト活動中

【子連れで海外旅行】4歳の娘と2週間、二人でヨーロッパに行った話③イタリア・ミラノ/シエナ

f:id:answer-in-myself:20180706213158j:plain

こんにちは、yukkoです。

スイスから電車でミラノへ戻り、さらにフィレンツェを経由してシエナへ向かいます。

 これまでの記事はこちら

answer-in-myself.hatenablog.com

answer-in-myself.hatenablog.com

 行き同様、電車でミラノに戻った後はミラノで1泊。

ホテルにチェックイン後、通りのスーパーで買い出しをしようと思っていたのですが、部屋に荷物を置いてホテルを出ると、入れ違いにお店が閉まっている。。。

そう、この日は日曜日。ヨーロッパの日曜日はお店が閉まるのが早いのです(^^;

 

予約した部屋がホテルの別館で、フロントが別になっていたため

本館に戻って尋ねると、地図と一緒に夜まで空いているお店を教えてくれました。

日本は行ったことないけど大好きなんだ~なんて気さくに話してくれたお兄さん、ありがとう!!

 

そして無事買い出しを済ませ、部屋に戻ってシャワーを浴びると

今度は、、、ドライヤーがない!!

この日はあいにくの雨だったので、濡れてしまった娘の靴などを応急処置で乾かしたかったのに、それも叶わず(^^;

宿泊していた別館はフロントが無人。。。

雨の中、本館まで行く気にもなれず、諦めて自然乾燥。

これが夏でよかった~~

 

旅にトラブルはつきものですね(イタリアはその確率が上がる気はしますが笑)

 

さて、翌日。

朝食は本館で、クロワッサンとチーズやブドウなどを頂きました。

隣の席にはコロンビアから来たという家族。話しかけてくれました。

片言の英語で少ししか話せなかったけど、こういう出会いは旅の醍醐味ですね。

 

荷物をフロントに預かってもらい、この日は半日ミラノ散策。

娘の靴は乾かずだったので、結局通り掛けのお店で購入。

ミラノはどこもオシャレなので、お土産などを買いながら

ショッピング通りを歩いているだけでなんだかセレブ気分(笑)

 

お昼にはホテルに荷物を取りに行き、近くの美味しいお店を聞いてみると

ナポリピザがおいしいレストランを教えてくれました。

駅への途中だったので、スーツケースをゴロゴロしながらお店へ。

 

白地の壁に青いタイル、店員のお兄さんたちもなんだか南の人っぽい。

家族経営かな?

歩いてお腹がすいていたので、写真を撮りそびれました(笑)

お店の名前も控えるの忘れちゃった。。。

 

そしてまたミラノ中央駅から、電車でフィレンツェへ。

Freccia Rossa(フレッチャロッサ)という日本でいう新幹線的な列車で

乗車中は無料の飲み物とスナックも配布されました。

ミラノからフィレンツェへは2時間弱ほど。

 

フィレンツェからは留学時代にお世話になった大家さんが車で迎えに来てくれ、そのままシエナへ直行。

シエナフィレンツェ近郊の小さな古都で、中心地の歴史地区は中世をそのまま残す世界遺産にもなっています。

 

f:id:answer-in-myself:20180711184508j:plain

写真は市民や観光客憩いの場、カンポ広場にあるマンジャの塔。

 

シエナへはフィレンツェから直行バスが出ているので、行き方も簡単!

世界中からたくさんの観光客が訪れます^^

そして私が留学で1年過ごした思い出深い街でもあります。

 

 

f:id:answer-in-myself:20180706213227j:plain

 

シエナのレストランで頂いた、地元のサラミやチーズの盛り合わせ。

 

旅行へ行くとなると観光地など有名どころを巡りたくなりますが

子連れの旅は子供がグズったり、子供自身も慣れない環境で疲れやすくなっているのでゆっくりとプランを組み、その土地を楽しむのがベター。

 

特に私と娘は美味しいものを食べるのが大好きなので

道でジェラート食べたり、その場で楽しめることをしながら休み休み過ごしました。

 

1点だけ後悔した瞬間は

今回、娘と二人旅で私一人でスーツケースとバギーを同時に持つことが難しかったためバギーは持って行かなかったのですが

案の定、シエナで1度、「もう歩けなーい!!!」と駄々っ子に(^^;

この時ばかりはバギーがほしかった(笑)

しかし慣れない石畳を歩いたり、娘もそりゃ疲れるから仕方ない。

子供が体調を崩さず過ごしてくれただけでも感謝です!!

 

そして、そのままシエナに滞在した後

フィレンツェから帰国する予定だったのですが

ご縁あって帰国直前またスイスへ行くことに!

 

次回はスイスおまけ編です(笑)

 

続く・・・